天津甘栗大好き主婦のお気楽日記

天津甘栗大好きな主婦が日々思うことをお気楽につぶやきます。

2015年9月1日
by 7hazqpl951w
Comments Off

騒音被害からはじまる・・・これが噂の集団ストーカー??

私は現在賃貸アパートにて彼氏と2人暮らしをしています。
最寄駅から近く、公共施設の整っている今の住まいに不満はありませんがあるとすれば壁の薄さです。
前に住んでいた賃貸も中々に壁は薄かったですが今の賃貸はこれでもか!という程壁が薄くて最初とても驚きました。
なるほどだからこんなに良い条件が揃っていながらこの安さかと思わず納得してしまいましたが住めば都と考え2か月が経過しました。
他の家族の生活音や環境音は慣れました、私たちの部屋もゲームの音やら掃除機、洗濯機の音がありますからお互い様です。
ですが下の部屋の住人の一時間に一度は鳴る鼻歌がどうしても耳障りで仕方なく音が聞こえると苛々してしまいます。
またその住人仮にAさんは常に部屋にいるようで何をしているのか分からない気持ち悪い人という認識がありました。また前日にセールスマンがうちのアパートを回って営業を掛けていたところAさんと思わしき声が玄関先から聞こえ「どんな人なんだ?」と思わず盗み聞きをしてみました。そうしたら「ここは俺の部屋じゃない、知らない」みたいな内容をずっとボソボソ言ってセールスマンを困らせていました。
何となくゾッとしましたが本日鼻声に苛々が絶頂に達し「鼻声うるさい」と外にいるであろうAさんに聞こえるように言ったら思い切り窓を閉め部屋内を暴れている音が聞こえ、近々何かあったら管理会社に相談しようと思います。賃貸での住人トラブルにはご用心してください。

2015年8月31日
by 7hazqpl951w
Comments Off

エアコン

夏は暑い。そんなの分かり切っている。でも、新しい家に引っ越してから余計にそのことを感じるようになった。
引っ越した理由は職場が変わったから。職場に自転車で行ける距離の家を選んだ。家を選ぶ時間もあまりなく、あまり多くを考えずに家賃が安くてそこそこ広い家という基準だけで選んでしまった。これが失敗だった。
築年数の割にはきれいな家だなと思って、春が過ぎ夏が来た。それが古い家だからかどうか分からないが、とにかく熱がこもるのだ。その暑さ、朝や夕方であれば外の方が涼しく感じるほど。いや、実際に涼しいのだ。
風通しの悪い構造も致命的だ。リビングとして活用するのが普通の一番広い部屋は、3面が行き止まりの部屋。窓を開けても風が通らない。最悪だ。
そして、挙句の果てにエアコンが備え付けられていなかった。部屋数が多いため、あまり台数を多くエアコンを買うこともできず、結局寝室のみにエアコンを設置した。その結果、ほとんどの時間を過ごすリビングスペースはエアコンなし。
なんとか扇風機で乗り切ってみるものの、汗がだらだら垂れてくる。なので、お風呂に入ったあとは出来るだけすぐにエアコンの設置してある寝室に逃げ込んでいる。
とにかく早く夏が終わって欲しい。ただただそれを願っている。

2015年8月30日
by 7hazqpl951w
Comments Off

自制

「わかっちゃいるけど~なんとやら」ああ、そのとうりで、ございます。
タバコなんかも、健康に良くないとわかっちゃいるけど、やめられないんでしょうが、
先週、何年かぶりで、以前に行ったことのあるカフェに入りました。「あれ?前より広くなった?」
昼時だったので結構人がいました。そこの、東ティモール産のコーヒーがおいしかったのを覚えている。
コーヒーだけだったのが!目に入ってしまった。「ホットサンドセット」「セット」に弱いシニア世代。
全粒分のホイットサンド、いいねえ。と!また、目に入ってしまった。「モカアイス自家製」
自家製に弱い、中年主婦。(私だけか?)「以上でよろしいですか?」「あっいや!あの、モカアイスも」
出した言葉は引っ込みがつかない。「では、食事の後にお持ちします」ああ、これだ。だから増える。
何が?体脂肪。外食の時は、常に自分に言い聞かせる。「不必要なモノは食べないぞ」数分後
この誓いは、はかなく散ってゆく。勿論おいしかった。しかし、その後に押し寄せてくる。「後悔」
という荒波。見事に私の体全体を激しく打ち砕く。
ああ、自爆。娘たちには、「自制しなさいよ」と、偉そうな口をたたき、自分に関してはたやすく
誘惑に倒される。人間とは、なんといい加減なものなのか。

2015年8月29日
by 7hazqpl951w
Comments Off

馴れ馴れしい猫

馴れ馴れしい猫っていますよね。近づいても逃げないでなでてなでてと催促してくるような。
今日遊びに行った公園の猫がまさにそんな子でした。案外大きな公園で緑がきれいだったんですが、暑い中歩きまわってちょっと疲れたのでベンチに座ってペットボトルのお茶を飲もうとしました。そうしたらベンチで寝ている猫がいたんです。横に座って撫でてみたらハッと気がついてなぜかひざの上に乗ってきました。はじめはひざにかばんを乗せていたのですがかばんを押しのけてひざの上に乗ってくる。そして身体をぐいぐい押しつけてくる積極的な猫さんでした。
ひざの上で寝転がって、「なでてなでて」と目で催促してくるので、なでなでしたり背中を揉んであげたり、おしりをぽんぽんしたり、ひととおりマッサージしてあげました。気分はエステシャンです。
猫をなでると、こっちも癒やされますね。毛並みのふわふわ感とかいきものの体温とか、手で触るといいんでしょうか。だけど気温が高かったので毛玉がひざの上にいるとさすがに暑苦しかったです。
ひととおりなでてあげてもひざから降りる気配がないので、抱き上げてベンチに下ろしてバイバイしてきました。こんな猫飼いたいけれど、いざ飼うとなったら、食事代金やらペットの医療費やら計算するうちに・・・するとその猫はあまりに気にするふうでもなく、またゴロンと横になっていました。細かいことは気にならないのかな?人懐こい猫さんに癒やされた話でした。

2015年8月28日
by 7hazqpl951w
Comments Off

親孝行

テレビ朝日で「さまぁ~ず×さまぁ~ず」を見ました。
この番組のスタジオの楽屋はエレベーターから距離が長いそうで、
その間に異臭がすると大竹さんが気付いた話から始まりました。
大竹さんの嗅覚ってすごいパワーですね。犬並みのような感じです。
結局それが楽屋のお弁当の大根おろしのにおいだったというオチでした。
確かに大根おろしはどこか臭いますよね。
あと三村さんの運転手が誤ってコンビニの駐車場で足を踏み外して靭帯損傷してしまい、
その場にいたあびる優さんの旦那さんがトレーナーをしてて、
見てもらったところ病院へ行った方がいいと言ってもらい、
代わりに三村さんご自身が運転して病院へ行ったという話も興味深かったです。
一方で大竹さんの車の運転手はルートミスをしたりして、
そちらはそちらでてんてこ舞いだったという話でした。
いつもの人形劇にはやすゆきくんの兄弟が新登場しました。
それから男性は母親の前だと別キャラになるという話も意外でしたね。
なんだかそっけなくなるそうです。照れでしょうかね。
お二人とも父親と腹を割って喋ったことがないとも仰ってました。
三村さんのお父様は野球と競馬の話しか話さないとも。
でもお二人がどことなく親孝行な感じが伝わってきました。

2015年8月27日
by 7hazqpl951w
Comments Off

料理下手

私は料理が下手クソなのですが、この前動画でサラダをおいしそうに食べているのを見て、夏だしさっぱりとしたものが食べたいなと思ってそれを作る予定でした。サラダならキャベツをちぎって適当にボールに入れておけば家族の分までできるし、味付けはドレッシングだから失敗のしようがありません。
しかし、その日は猛烈な暑さでとてもじゃないですが外に買い物に行く気にはなれませんでした。いつもはウォーキングを30分しているので慣れているはずなのですが、休日だということもあり気が抜けてしまったのです。
と、いうことでリベンジです。次の日もまた猛暑だったのですが、歩くついでだと思って買い物に行きました。そしたら、サラダよりも甘いお菓子のコーナーを見て、これなら自分でも作れるなと思うものを買ってきました。家族分を作れば生活費で落としてもらえるし(笑)
既に出来上がっているカップケーキの上に、食紅で色をつけた生クリームを絞ってデコレーションしただけのまさに料理嫌いが作りそうなものが完成しました。生クリームが溶けてしまわないように冷凍庫に入れておいたのですが、大丈夫ですかね。初めて食紅を使って、淡い緑色になったのが楽しかったです(^^)

2015年8月26日
by 7hazqpl951w
Comments Off

町ブラ

今日もする事がないし金もない、ただ時間が有り余るだけです。
そんな日は、お金もかからない運動をするか、町ブラをするのです。
ぼくが住んでいるところは、いわゆる学生の町で安くてうまい食堂もあれば、古本屋や中古もの販売店があり住みやすい町です。
また、温泉が有名で入浴料も安く、アパートからは自転車で10分も走ればたどり着くところにあり、ワンコインを握りしめて、その釣りで風呂上がりのジュースを飲むこともしばしばありました。
その温泉街には、一部の大人の人が通うネオン街があり、それを横目に自転車で帰るというのが日常で到底僕には縁のないところです。
学生は時間はあるがお金がないという言葉の通り、何か時間つぶしになるものを見つけなければと探していました。
幸いにも、必死でバイトしたお金で購入したバイクがあるので、時間をかけて旅に出ることに決めたのです。
僕が住んでいるところから、隣の県へ行くには高速道路や海岸線を通る道があったのですが、短時間で着くのは旅ではない、海岸線を通るのは後ろに彼女を乗せてからという掟を作っていたので、残る一つの道の山を抜ける道を選択したのです。
最初は大きな道だったのですが、徐々に狭くなりやがては広いところへ出たのです。

2015年8月25日
by 7hazqpl951w
Comments Off

告白

今日、私にとってビックリする出来事が起きました。

なんと、職場で話したこともない女性職員から告白されたのです。

私は、今日もいつもの時間に出社し、いつものように自分のデスクに座り、いつものように昼食に入ろうとした瞬間でした。
ある女性職員から急に
「○○さん。○○の案件で相談したいことがあるのでランチミーティングしませんか?」
と急に声を掛けられたのです。

私は、いつものように決まった定食屋でご飯を食べるつもりだったので、そのイレギュラーなイベントに頭が付いていきませんでした。
がしかし、その女性職員は社内でもかなり美人だと噂になっている職員でもあったので、2人で社内食堂でランチをしていると目線が集まっているのが分かりました。

最初は仕事の話をしていたのですが、話の途中からなぜか好きな異性についてという話題に切り替わっており、その女性から色々な質問をされました。
私は正直「なんでこの子はどうでもいいような俺みたいな人のどうでもいいことを聞いてくるんだろう」
と不思議に思っていたのですが、ランチも終盤に差し掛かった時、女性から連絡先を聞かれたのです。
断る理由も無かったので、その時は連絡先を交換しました。

そして、午後の仕事が始まった直後、その女性職員からラインがあり、前置きもなく
「私実は○○さんのことが好きなんです。私と付き合ってくだい」とだけ書かれた文章が送られてきたのです。

私は驚愕してしまい、とりあえず返事は保留にしてしまいました。

どうすればいいのか、未だに悩んでいます。
誰か、アドバイスをくれー。

2015年8月24日
by 7hazqpl951w
Comments Off

イモトアヤコ

先日、イモトアヤコさんのマッキンリー登頂に様子をテレビで見ました。既に、マッキンリー登頂を終えたイモトアヤコさんがスタジオにいたので、無事帰ってきたということは分かったので安心して見ていられました。しかし、それでも、登頂している姿はかなり辛そうで、過酷な状況だったということがとても伝わってきました。
マッキンリーといえば、6168mある北米大陸最高峰の山です。世界の冒険家、登山家の人たちでもかなり難しいことなのに、それに挑戦してしまうイモトさんは本当に凄いと思います。確かに、番組内での企画であるため、自ら登ろうと思って始めたことではないかもしれません。しかし、こればかりは、自分の登ろうとする気持ちなくしては絶対無理なことなので、登頂を成功したということは、イモトさんの気持ちの強さがあったということになります。本当に素晴らしいです。
登頂の様子を見ていた中で一番辛そうだったのは、登っている途中でイモトさんが腹痛になってしまった場面です。平地でもお腹が痛い状況は辛いのに、あの状況下で、酸素も薄い、登っている途中、トイレもないといった最悪の状況の中での腹痛は、本当に辛かったと思います。
いくつもの苦難を乗り越え頂上に到達した時のイモトさんの誇らしげな顔はとても印象的でした。感動しました。

2015年8月23日
by 7hazqpl951w
Comments Off

K1

K154シリーズで活躍していたステファンレコを思い出し記事にしました。彼の必殺技はバックハンドブローなどの回転系の必殺技が多く強烈な右ストレートでピーターアーツをKOした試合は印象的です。

ちょっと惜しいなあと思ったのは二度に渡るマークハントの試合です。

レコとはK1の伊達男とも呼ばれ稲妻のような髪型がかっこいいし、試合内容全般にガンガン前に出る時は出るしディフェンスする姿もイケてました。

総合格闘技にも一時行った時期がありましが、ほとんど活躍できずでK1の舞台に戻ってきました。

彼は2003年くらいがピークで当時はレミーボンヤスキーでさえ判定で勝ってました。新時代の顔として今後の活躍が期待されていたのに総合に行ってから打たれ弱くなったと言われています。

そしてバダハリとの試合で顎にスピンキックをくらいそこから撃たれ弱くなった節もあります。

個人的にレコの試合ではルスランカラエフとの伊達男スピード対決が一番好きです。

お前には負けるかという意地と意地とのぶつかり合いでお互いダウンを奪い合う激しい試合でした。ダメージならルスランカラエフの方が上だと思いました。レコは延長ラウンドになるとポイントを取り返していたことでしょう。